断食の好転反応とは!?

2566 view

断食の好転反応とは!?

断食の好転反応とは!?

体調が悪くなるのが効いている証拠

断食を正しく行えていれば、1日目~2日目に体の調子が悪くなります。

これは好転反応呼ばれる症状です。

この好転反応について解説していきます。

好転反応の症状

好転反応の症状は、軟便や下痢、歯の痛み、腰痛、関節痛、だるさ、寒気、酔い、湿疹、体臭口臭悪化、鼻水、発汗、喉の腫れ、吹き出物、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、便秘などさまざまです。

風邪と似た症状もあるので、風邪と勘違いしないようにしましょう。

好転反応は成功の証

好転反応は体に溜まってる毒素や老廃物が、体外に排出される為に発症するものです。

心配になるかもしれませんが、これは断食のデトックス効果が進んでいる証拠です。

逆に言えば好転反応が起きない断食は失敗といわれます。

長期断食においては好転反応は起きなければならない症状です。

しかし好転反応が全くでないという人も稀にいるようです。

好転反応が起こる仕組み

ではなぜ好転反応のようなことが起きるのか理解しておきましょう。

断食により全身の細胞に蓄積されているコレステロールやプラーク、中性脂肪などの老廃物が崩れてきます。

血液や肝臓や小腸などの臓器に崩壊した細胞が流れていき、押し出されるように体外に流れていきます。

この毒素排出のデトックス効果が好転反応が起こる仕組みです。

好転反応の強弱

好転反応症状の強さ弱さは人それぞれです。

基本的には体内に蓄積された老廃物や毒素が多い人ほど強く出ることになります。

不摂生な食事をしている人や、お酒をよく飲む人、肉や脂肪の多い食を好む人、加工食品を多く食べてきた人、食品添加物が多い物ばかり食べてきた人、肥満の人、初めて断食をする人などです。

あまりに重度な好転反応が出た場合には断食を中断しましょう。

好転反応が出るタイミング

人によって差がありますが、本断食の1~2日目が多いようです。

準備期間が長くいほど胃内の食物が残っておらず早めに出ます。

掲示板

どなたでもご自由にご利用下さい。ただし悪質・不適切な内容は削除させて頂きます。

自由掲示板

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す




サイトご利用について

※掲載情報の内容には最新の調査・取材を心掛けておりますが、実際と異なる場合もございます。

※掲載内容は一切保障するものではございません。必ず各利用施設に確認を行って下さい。

※掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください。

※ビジネスオーナー様で掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際は内容をメールにてお送り下さいませ。

- 断食の好転反応とは!? -