更新: 2024.01.07

155view

ファスティング(断食)はリバウンドする!?かえって太るはホント?

ファスティング(断食)はリバウンドする!?かえって太るはホント?

ファスティング(断食)に挑戦してみたいみたいけど「その後のリバウンドが心配・・・。」と思っている人もいると思います。
ネットでもファスティングはリバウンドするというような記事も多くあります。
実際はどうなのでしょうか?ここでは、ファスティングとリバウンドの関係について解説していきましょう。

この記事の目次

結論は心配しすぎなくても良い!

結論は心配しすぎなくても良い!

結論からいうと、ファスティング(断食)でリバウンドになることは心配しずぎなくても大丈夫です。
実際に、ファスティング体験者の方々の多くの意見をもとにしても、リバウンドにつながったという話はほとんどありません
ファスティングは、健康的にも大きなメリットが得られるものです。
リバウンドを必要以上に心配しずぎて、ファスティングを敬遠してしまうのはもったいないでしょう。

断食はリバウンドするといわれる理由は?

断食はリバウンドするといわれる理由は?

実際に心配し過ぎることはないといいましたが、ではなぜ断食はリバウンドするといわれることがあるのでしょうか。
その理由について解説していきましょう。

1.過度なファスティング強行による失敗

ダイエット目的のために断食に取り組んだ人は、過度な食事制限を強行してしまうことがあります。
それにより急激な体重減少をしてしまうと、体は栄養素をより吸収しやすい体質へ変化させてしまいます。
また、筋肉量も減れば代謝も低下し、エネルギーを消化しずらい痩せにくい体になり、リバウンドをまねくことが考えられます。

2.極端な食事の制限・摂取による失敗

ファスティングには、事前の準備と終了後のケアがとても大切だといわれています。
ファスティング前のには徐々に食べる量を減らしておき、終了後の消化の良いもので胃腸を慣らしていくことが重要です。
急な食事制限と摂取を繰り返すようなファスティング方法はかえって食べ物の過剰摂取になる場合があります。

3.食事制限のストレス爆発による失敗

普段食べることが好きな人にとっては、ファスティングの食事制限は精神的にも辛いものでしょう。
特に肥満体質な人は、ストレスを発散させるために食べ過ぎな食生活を送っている人もいます。
ファスティングに限らずダイエット全般でリバウンドする多くは、食事制限で我慢していたストレスが爆発して暴飲暴食してしまうことが要因です。
ストレスを溜めない程度に無理なく行なったり、空腹感を辛く感じないように意識変化させることが大切です。

断食でリバウンドしないために大切なことは?

断食でリバウンドしないために大切なことは?

1.急に痩せることはダメという意識を持つ

なによりも急に痩せることはダメだという意識を持つことが肝心です。
ダイエットを強く決意したときには、気持ちが先走って無理をしがちです。
しかし、急な体重減少や体型変化などは、太りやすい体になりリバウンドの大きな要因となってしまいます。
ダイエット目的だとしても、徐々に自然なペースで痩せることが大事です。

2.準備期と復食期を正しくこなす

ファスティング実施前の期間を準備期、終了後を復食期といいます。
これらの期間は、食事の内容や量を変えて、体を慣らすことが大切です。
準備期と復食期を正しい食事方法で過ごすようにしっかりと学んでおきましょう。

3.ダイエットの基本は運動ということを忘れない

ファスティングや食事制限をすれば痩せられるという考えは厳禁です。
ダイエットの基本は何よりも運動に他なりません。
食事制限だけして運動をしなければ、筋肉が減っていき基礎代謝が低下することになります。
結果、痩せにくい体になりリバウンドにもつながってしまいます。
痩せたいのであれば、何よりも運動という意識を持ち続けましょう。

4.普段の食事や生活を改める

ライフスタイルにファスティングを取り入れ、定期的にデトックスを図ったとしても、普段の食が偏っていれば痩身効果も半減してしまいます。
毎日の食を、食べる量だけでなく栄養バランスにも配慮し、添加物なども摂りすぎないような健康的なものへ変えていきましょう
また、しっかりと睡眠をとり、食事はできるだけ同じ時間に摂るなど、規則正しく健康的な生活を送ることも大切です。

ファスティング(合宿)施設の利用もおすすめ!

ファスティング(合宿)施設の利用もおすすめ!

当サイトでも紹介していますが、全国にはファスティング向けの(合宿)施設があります。
これらの施設では、専門家の監修の下で正しいファスティングの実践を行なえ、また学ぶことができます。
セルフでのファスティングにやっぱり不安があるという人は、ファスティング施設を利用するのもおすすめです。

まとめ

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。
ファスティングのノウハウを把握し、正しく取り組めばリバウンドを心配し過ぎる必要はありません
またファスティングも回数を重ね慣れていけば徐々に辛さも減っていきます。
リバウンドを気にしなくてこれまでファスティングをためらっていた人はぜひ一度挑戦してみるのをおすすめしますよ。

コメント

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す




※悪質・不適切な内容は削除させて頂きます。