更新: 2024.01.03

399view

ファスティング(断食)に重要となる回復食とは?おすすめの回復食は?

ファスティング(断食)に重要となる回復食とは?おすすめの回復食は?

ファスティング(断食)を正しく行なう過程でとても重要な「回復食」。
ここでは回復食の必要性や、おすすめの回復食などを解説しています。

この記事の目次

ファスティングの「回復食」とは?

ファスティングの「回復食」とは?

ファスティングの「回復食(かいふくしょく)」とは、ファスティング(断食)の終了後に、体に負担なく元の食生活に戻すための食事のことです。
断食中は、食物の消化活動が控えられることで胃腸が長く休まっています。
そこに急な食物摂取をしてしまうと、消化器官に大きな負担を与えてしまい、せっかくカラダに与えた休息が無駄になってしまい、また場合によっては、胃もたれ、胸やけ、吐き気などの体調不良を引き起こす可能性もあります。
このようなことを防ぐために、ファスティング後の復食期間に普段通りの食事まで体を慣らしていくリハビリ食となります。

リバウンドの防止にも重要

ファスティング後の体はエネルギーを吸収しやすい状態となっています。
ここで、必要以上の栄養を摂取してしまうと、いわゆるリバウンドをまねくことにもなります。
回復食はリバウンドを防止するためにも大切な食事となります。

回復食が必要な期間は?

回復食が必要な期間は、断食後のおおむね1~3日間です。
半日ファスティングや1日ファスティングであれば、断食明けの1・2食目を回復食とするだけも大丈夫です。
2日以上のファスティング後は、2・3日間の食事を回復食とすることがおすすめとなります。
ちなみに、この回復食を摂る期間を復食期(ふくしょくき)と呼びます。

定番・おすすめの回復食8つ紹介!

ここでは、定番・おすすめの8つの回復食・レシピをご紹介したいと思います。
終了後の何食目かに合わせて、適切なものを選ぶようにしてみてくださいね。

1.スムージー

スムージー

「スムージー」は、野菜や果物を組み合わせてジューサーで作るドリンクです。
流動食なので胃に負担をかけることなく、徐々に消化器官の働きを慣らすことができます。
ビタミンやミネラル、鉄分、カリウム、酵素などを豊富に摂取することができます。

2.重湯(おもゆ)・お粥(おかゆ)

重湯(おもゆ)・お粥(おかゆ)

断食終了後の最初の食事として、もっとも定番とされるのが「重湯・お粥」です。
消化が良く、少しづつゆっくり食べられるので、体に負担がありません。
プチ断食後の場合はお粥、長期断食後は重湯がおすすめです。

3.具なし味噌汁

具なし味噌汁

具なし味噌汁は、重湯・お粥と一緒に食べるのがおすすめです。
ビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養が摂取でき、体を温めてくれます。
具無しが物足りないという場合は、豆腐やなめこを入れても大丈夫です。

4.大根のだし煮

大根のだし煮

2食目以降の回復食の副食としてもおすすめなのが「大根のだし煮」です。

水分量が多く満腹感も得られるのが魅力です。
また大根はビタミンB群やビタミンC、カリウム、食物繊維などが豊富でデトックス効果の維持にも期待できます。

5.ミネストローネ

ミネストローネ

後半の回復食におすすめなのが「ミネストローネ」などの野菜スープです。
美味しく野菜をたっぷりと食べることができるのが魅力です。

6.梅干し(梅流し)

梅干し

梅干しは、整腸効果や代謝の促進を促してくれるものとして回復食メニューに少し取り入れるのもおすすめです。
また「梅流し」といって、大根と一緒に調理した料理を食べて、宿便を出すという方法も知られています。

7.湯豆腐

湯豆腐

豆腐は消化も良く回復食にもおすすめです。
特に湯豆腐は簡単に調理でき、体も中から温めてくれるのが魅力です。

8.塩麹の漬物

塩麹の漬物

発酵食品である塩麹の漬物は、腸内環境を整えてくれる働きがあります。
塩っ気も摂れるので、副食として少し食べることで美味しく食事ができます。

回復食についてのよくあるFAQ

回復食についてのよくある質問と回答をまとめました。

回復食で避けるべき食べ物は?
お肉や魚などの動物性たんぱく質、刺激が強いものや濃い味のもの、砂糖を含むもの、添加物が使われたもの、アルコール、カフェイン、揚げ物などは胃腸に負担をかけるので避けましょう。
回復食でおすすめの食材は?
健康食材の覚え方で知られる「まごわやさしいっす」で選んでみましょう。
豆類、ゴマ、わかめ(海藻類)、野菜、魚、しいたけ(キノコ類)、いも類、漬物(発酵食品)、酢(酸味のあるもの)のことを指し、バランス良く回復食材として使うのがおすすめです。
回復食にうどんは大丈夫?
うどんは消化の良いという点では良いのですが、糖質やグルテンを多く含んでいます。
必要以上の栄養を摂取してしまいやすいので、直後にはあまりおすすめではありません

まとめ

いかがでしたでしょうか?
回復食は、頑張ったファスティング(断食)の効能やメリットをしっかりと得るためにも大切なものです。
断食の期間・時間が長ければ長いほど重要になってきます。
長い間活動を休止した胃を驚かせることのないように、適切な回復食を食べるように心がけてください。
また、ファスティング後はとてもお腹が減っていると思いますが、胃袋も収縮してそこまで食べることができません。
よく噛み、ゆっくりと時間をかけて食べるようにしてくださいね。

コメント

  • まだ書き込みはありません

※悪質・不適切な内容は削除させて頂きます。