更新: 2023.12.31

116view

噂のオートファジーダイエットとは?

噂のオートファジーダイエットとは?

最近オートファジーダイエットという言葉をよく目にしたり、耳にすることはありませんか?
今回はそんな巷で話題のオートファジーダイエットについて解説していきましょう。

この記事の目次

オートファジーの意味とは?

オートファジーは、ギリシャ語での「オート(自身)」と、「ファジー(食べる)」という言葉を組み合わせたものとなります。
オートファジーとは、細胞内のたんぱく質を分解して再利用する仕組みのことをという生物学的用語です。
オートファジーは、食物からのエネルギーが生み出せないなど、特定の条件下で働くとされます。

飢餓状態で働き出す

陰陽調和でさらに本格的に

体のメカニズムとして、人体は栄養が足りない状態となると、体の細胞を消化し、エネルギーを生み出します。
人がしばらくの間物を食べなくても生命が維持されるのは、この自食作用による働きもあるのです。
つまり、意図的に飢餓状態をつくりだすというイメージを持ってください。

オートファジーダイエットとは?

オートファジーダイエットとは?

オートファジーダイエットとは、時間的食事制限を行なうことで、オートファジーの働きを活かして健康体を目指すダイエット法のことです。
16時間ダイエット」ともいわれ、1日の中で16時間の断食を行なうことが特徴となります。

オートファジーダイエットのやり方は?

オートファジーダイエットのやり方は?

オートファジーダイエットのやり方はいたって簡単です。
そのやり方は、1日のうち16時間何も食べない(断食)で過ごし、残りの8時間の間での食事をとるというものです。
いわゆる半日ファスティング(断食)とほぼ同じことだともいえます。
また食事は1日2食とするのが基本で、食べるものにも特に決まりもないのが特徴です。

1.朝食を抜くやり方

前日20時頃までに夕食を済ませ、お昼間の12時頃に昼食をとります。
朝食を食べないことが気にならない人向けです。就寝時間を断食に充てられるので取り組みやすい方法です。

2.昼食を抜くやり方

朝の6時頃に朝食をとり、その後断食し、22時頃に夕食をとります。
朝早くと夜遅くに食事をとるので、あまり実践向きではありませんが、ライフスタイルによってはマッチする人もいるでしょう。

3.夕食を抜くやり方

夕方の18時頃までに夕食を済ませ、翌朝10時頃まで断食します。
就寝時間が断食時間になるため、取り組みやすい方法といえます。

オートファジーダイエットのポイントや注意点は?

オートファジーダイエットのポイントや注意点は?

オートファジーダイエットは、やり方がシンプルで、また食事においては種類や量など決まりがないことが魅力です。
しかし、しっかりとその効果を得るためにもポイントや注意しておきたい点を解説しておきます。

食事はなるべく規則正しく

毎日のライフスタイルの中にオートファジーを取り入れるのであれば、なるべく規則正しく同じ時間帯での食事にするのが大切です。
自身の生活リズムに合わせて実践しやすいやり方で続けていきましょう。

暴飲暴食しない

16時間の空けはお腹も減り、当然食欲も高まります。
いくら食事量に決まりがないといっても、暴飲暴食をしては意味がありません。
食事はゆっくりと食べ、適正量でも満腹感を得られるように工夫しましょう。

栄養はしっかり摂る

食べ過ぎはいけないとしても、極端に食事量を減らしたり、栄養が偏った食事にしてはいけません。
オートファジーは、その働きとして脂肪だけでなく筋肉も消耗します。
健康な体を保つために、栄養はバランス良くしっかりと摂るように心がけましょう。

急な無理をしない

これまでの食生活を急に変えることは体にとっても負担をかけてしまいます。
最初は週末だけ、慣れてきたら2日置き、など徐々に慣らすように生活に取り入れていきましょう。

適度な運動は効果的

ダイエット効果向上を図るのであれば、脂肪燃焼促進となる適度な運動もおすすめです。
また筋肉を落とさないための筋トレも行なうと良いとされています。

オートファジーダイエットの効果とは?

オートファジーダイエットの効果とは?

実のところ、オートファジーダイエットによって、ダイエット効果があるかはまだ研究段階で、今のところその効果は証明はされてはいません
また、もともとは痩身のためではなく体調を整える目的で取り組まれ始めた健康法となります。
そこから美容効果を感じる人も多くダイエットという言葉も用いられるようになりました。
専門家の意見としては、空腹の時間をつくることで、デトックスや整腸の効果が得られ、健康増進や疾患予防、便秘の解消、美肌効果、アンチエイジングなどに期待ができるもともされています。

オートファジーについてのよくあるFAQ

オートファジーについてのよくある質問と回答をまとめました。

オートファジーダイエットと半日断食の違いは?
オートファジーダイエットは、オートファジーの働きを利用する点で半日断食と同じことともいえます。
ただ、16時間という明確な制限があるのがいわば違いです。
どうして16時間なの?
オートファジーの働きは、12時間以上の空腹状態から発動するとされ、そこから4時間を細胞消化としての時間を充てるためです。
断食中は水分も摂ってはいけない?
断食中は、デトックスや代謝の向上により水分が消耗されます。
いつもよりしっかりと水分を摂るようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
オートファジーダイエットに興味が持たれた人もいるかと思います。
オートファジーダイエットは16時間の断食をするだけのシンプルで簡単なダイエット法です。
本格的なファスティングや、マクロビティックよりも気軽にチャレンジしやすいのが魅力です。
明日からでもすぐ実践できるので、ぜひ一度取り組んでみてくださいね。

コメント

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す




※悪質・不適切な内容は削除させて頂きます。